一般社団法人 徳島県食品衛生協会
 
お知らせ
 
カテゴリ >  一般

冬場に多発するノロウイルス食中毒に注意しましょう!

2006/1/12

         ノロウイルス
特  徴 :
   ◇ノロウイルスによる食中毒は冬場に多発する食中毒です。
   ◇人から人への感染も報告されています。

原因食品 :
   ◇カキなどの二枚貝による食中毒が多く報告されています。

食中毒症状:
   ◇食べてから症状がでるまでは通常1〜2日です。
   ◇吐き気・嘔吐・下痢・腹痛・発熱(38℃以下)が主な症状です。
   ◇一般的に比較的症状は軽く通常3日以内で回復します。
    また感染しても全員が発病するわけでなく、風邪症状で済む人もいます。

予  防 :
  決定的な予防方法はありません。次のことに十分注意しましょう。
   ◇食品などを取り扱うときは、手洗いを十分行う。
   ◇ウイルスは熱に弱い特徴があるので、貝類などは生食を避け、加熱する場合も中心部まで火を通す。
   ◇ウイルスを付けないために、調理器具等の衛生管理を徹底する。
   ◇ウイルスを飛散させたいために、嘔吐物や排泄物など汚染されたものの処理には厳重な注意を払う。



関連ページ URL : 食の安全・安心情報ページへ
添付ファイル

 

> お知らせトップページへもどる <

一般社団法人 徳島県食品衛生協会 徳島県食品衛生協会トップページ お知らせ 協会概要 事業内容 共済事業 入会案内 講習会 リンク 登録事業者一覧 所在地・連絡先・案内地図 お問い合わせ プライバシーポリシー